facebooktwitteryoutube
in - 16 10月, 2015
by admin_virtualastronomer.org - no comments

①西日暮里の風俗に初めて行った男の話をここに綴ります。

あなたは西日暮里にある風俗にとうとう行く決心をつけました。これまでも「西日暮里ぼ風俗に行けば相当癒される」という噂を聞いていただけに、非常に楽しみにして検索を開始しました。どのような店がいいのかはやはり「サイトに力を入れている店がいい」という結論があるので、いくつかのサイトを見てみることにしました。すると風俗業界もなかなかに激戦区で、いくつのも店舗が出てくると同時にポータルサイトも出てきました。風俗店をそのサイトの中で検索できるという大きな媒体です。あなたはここでもじっくりと考えながら見ることにしました。やはり店に行くのも安くつくことはないので失敗はできません。検索をしていくつものサイトを見比べて、自分の疲労具合と風俗嬢の美しさで店を決めればいい。近い将来自分が癒されている姿を想像しながら風俗嬢の写真を見る。やはり美人ばかりで迷ってしまうということはありますが、あなたはとある新規オープンした西日暮里の風俗店をターゲットとしました。

やや怪しげな道を通ってあなたは風俗店にたどり着きました。この辺りでは風俗店が多数軒を連ねていて、思わずあなたの気分も高揚してきてしまうというわけです。受付に入るとほかのそのような店同様に店員が親しげに接してきました。そこで美人風俗嬢を指名してコースを決定します。あなたはどの風俗嬢にするかで非常に迷いました。やはり美人に施術をしてほしいと思うのは男として当然です。写真を見て決めなければならないのですが、年齢とキャリアをどう考えるべきかが最大の課題でした。少し年齢が高めでも美人で技術がある人に相手をしてほしい。そう考えたあなたは32歳の風俗嬢を指名して出番を待ちました。

ホテルの一室にやってきたのは誰が見てもかわいいといえる女性でした。モデルのような体系をしていますが、単純な細身ということではなく思わずあなたの性欲をそそります。その女性と部屋で二人きりになり施術に集中してもらう。あなたはシャワーを浴びて指定された服のようなものを身に着けて、ベッドに横になりマッサージを始めてもらいました。腹這いになったあなたの上に彼女が乗った時に、すでに疲れが癒えていく不思議な感覚に包まれました。癒されているのか興奮させられているのかわからない。そこにいやらしい手つきの感覚があるマッサージが加わるわけですから、あなたの気持ちが桃源郷に行ってしまうのも無理からぬことといえます。そのひと圧ひと圧があなたの体に染み入ってくるようで肉体的に気持ちがいいです。それを続けられたあなたはおかしな気もちになってきました。やはり密室に美女と二人でいてマッサージを受けている、この環境で性欲を刺激されないほうがおかしいといえるでしょう。あなたは思い切って性的なサービスを受けられるかを問い質しました。美人風俗嬢はにっこりと笑って両手をあなたの肉の深くに沈めてきました。

②西日暮里風俗に関して悩み続けているという状況が続いています。

上述の通りあなたは西日暮里の風俗に行って大いに癒やされてきました。風俗という言葉よりもよほど妖艶な雰囲気の中、あなたはサービスを受けてきました。風俗というものは、プレイする人が男だろうが女だろうが関係なく癒やしてくれるのが特徴かとおもいきや、美人かつスタイルのいいセラピストがやってきてあなたの体を揉みほぐしていったのです。予想と違う美人が遠慮なくやってきて体を揉んでくれた、そしてホテルの一室で二人きりだったということを含めて、まさに桃源郷のような場所でサービスを受けたというのがあなたの感想です。その桃源郷の中で自分がどのようなサービスを受けたのかはいえません。しかしこの思い出は確かにあなたの人生を変えたといっていいでしょう。

あなたは仕事をしていても西日暮里風俗のことばかりを考えるようになりました。PCを叩いていても知らず知らずのうちに「西日暮里風俗往復」「K嬢のみごとなパフォーマンス」といったワードを入れてしまうようになったのです。しかしそのようなぼけっとした状況は数日で終わりました。その後はむしろ仕事と私生活にメリハリがつくようになりました。仕事をしているときは全く風俗のことを考えない。しかし終わった瞬間からそれだけのことを考えて暮らすようになります。その風俗店のサイトを見る、雑誌を購入してきて読みふける、そして店に行ったときのことを考えてイメージトレーニングをするといったことです。これだけでもあなたの心身はたくましくなっていくということです。

あなたは会社の同僚を西日暮里風俗に誘うことにしました。やはり自分が受けた感動を同僚に共有してもらいたいからです。しかし一方で「こいつのほうが楽しみやがったらちょっと癪だぜ」という考えもあります。そうはいってもこの感動を共有したくて仕方がない、西日暮里風俗の楽しみを誰しもに知ってもらいたい。あなたにはそういった使命感がありました。なので話を聞きつけた同僚にまずは1席ぶつことにしました。西日暮里風俗で得られるもの、そしてしてはならないことなどを一覧にして配ったのです。一度しか行ったことがないなどというなかれ。あなたはその時点で既に風俗に関してプロになった気持ちでいたのです。しかしあなたは西日暮里風俗での冒険はこれからだと考えています。

③西日暮里風俗で同僚がトラブルに巻き込まれて困っています。

こうしてあなたは西日暮里風俗での感動を同僚と分かちあったわけですが、一緒に行ったその日彼は店と軽いトラブルを起こしてしまいました。彼のためにあなたはお店でしてはならないことを一覧にして渡したはずなのに、ついムラムラときてセラピストに性的接触を迫ってしまったそうです。男とは分かっていても止められないことがある動物ですので彼の行動も全く理解できないわけではありませんが、お陰であなたもそのお店に足を運ぶのが何だか気まずくなってしまいました。
同僚にはその後再度指導を施しましたが、もうその同僚と風俗に行くことはないでしょう。でもいつ何時あなた自身も同じような欲求に駆られるかわからないので、改めてお店でのトラブルについて確認しておきましょう。

「スタッフの接客」
もし常連客になったら「あれ、最初はあんなに丁寧に接客してくれたのに、いつのまにか素っ気なくてマッサージも気持ちよく感じなくなったなあ・・・。」と思うことがあるかもしれません。またマッサージ中は長時間二人きりですので触れられたくない話を話すことになり嫌な思いをしたり、また逆に自分の話ばかりしてくるセラピストで不快に感じたり、そんなコミュニケーション上のトラブルはよくあることです。こういう時あなたは男として黙って聞いていますか? 人の話を聞くのが好きで逆にそれが癒やしになる人ならいいでしょうけれど、わざわざ風俗で癒されに来ているのでストレスの貯まることをされるのは本末転倒ですよね。こういう時はしっかりとお店側にいってあげることもお店のためにもその子のためにもなります。施術後にアンケートに答えるお店もありますが、そういう時にはぜひ書いてあげましょう。あくまでお客はお客だし、いくらフレンドリーな関係になってもプロとしての接客を求めましょう。本当のプロの接客はお客さんと仲良く話しつつもちゃんとプロとしての線引きをしている接客です。ここは風俗であり、キャバクラではありませんからね。

「恋仲の勘違い」
裸の体を何度もなでられている内に彼女に恋をしてしまう、なんてこともあるでしょう。同僚のケースもこれですが、あくまで彼女たちのエステは「お仕事」です。中にはプレゼントをあげるお客さんもいますが、そういった勘違いは逆に彼女たちを困らせてしまいます。化粧品をもらっても自分の気に入ったものがあるでしょうし、「あれ使ってる?」なんて聞かれた日には例え使ってなくても「ええ・・・。」と言葉を濁すしかありませんよね。あなたはお客であり彼女の友達でも恋人でもないのです。それでも日頃の感謝等を伝えたいのであればお菓子や飲み物であれば喜ばれるかもしれません。
またよくあるのがデートに誘ったり連絡先を聞き出そうとするお客さんです。彼女たちもお客さんを大切にしたいという思いから断りづらいというのはありますが、これも勘違いによって彼女たちを困らせてしまっているという認識を持つようにして下さい。男女の関係を意識してしまうのは無理もありませんが、会話の中で言葉の節々から裏を読み取って、本当に「あ、自分に好意を持ってくれているかもな。」という時にだけ、連絡先を渡してみるのはいいかもしれません。しかしあくまで仕事ですので、基本的には割りきった関係で望むようにしましょう。

「肌のトラブル」
エステは美容効果をうながす施術ですので、病院の治療とは違います。そのためフェイシャルや脱毛は肌の弱い方・敏感肌の方は避けてください。契約時の誓約書にも必ずそのことを確認する記述がありますので、もし何か症状が出てもお店側への責任を問うことはできません。
大体エステで使用する化粧品は低刺激でほとんどの肌質に合うようなものを使用するのでトラブル自体は少ないです。また機械を使用するので金属アレルギーの方はダメだったり、弱い電流を流すこともあるのでペースメーカー使用者は使えないケースがありますので注意しましょう。
やせすぎの方はリンパマッサージなどでアザが残ってしまったり、もみ返しで筋肉痛のような痛みが出てしまうケースもあります。
いずれにしても施術前に自分でわかることはお店に伝え、体験後家に帰ってから気づいたことがあればお店に伝えましょう。風俗店と病院が提携していることもあるので、ちゃんと対処してくれることもあります。

主に以上のようなトラブルがあります。楽しいエステライフを送りたいあなたならトラブルには当然巻き込まれたくないですよね。もしまた誰かと西日暮里風俗に行きたいという時には同じ失敗を繰り返さないようしっかりその友人にも伝えてあげましょう。

西日暮里の風俗を楽しめる店